menu
Step1
step2
step3
step4
step5
step5
note

DreamweaverとMysqlで作るWEB System

STEP5:更新ページの作成

Step4で新規イベント登録はできるようになりました
登録データを変更するページを作ります

1・下準備として元になるページを作成します
  今回は新規イベント登録ページを使います
  右「アプリケーション」>サーバービヘイビア>レコードの挿入を
  −ボタンで削除します

2・変更するには登録データの中からeventIDに対応したデータを開かなければなりません
   右「アプリケーション」>サーバービヘイビア>レコードセット(R1)をダブルクリックし
  下のダイアログを表示します
 フィルタでeventIDを選択すると自動で ”=” URLパラメータ eventIDとなります


3・詳細設定ボタンを押すとSQL文が表示されます
  SQL文を直接入力することもできますがこのままでOKです

5・フォームアイテムとレコードセット(R1)を対応させます
   右「アプリケーション」>バインディング> データ選択しバインドボタンをクリック
  直接ドラッグでもOKです
  

6・月のコンボボックスはそのままではデータとバインドしません
  リスト値の下 動的ボタン を押す

7・動的リスト/メニューダイアログが表示されます
  同等値の選択右のボタンを押しEmonthを選択しバインドさせます

9・コードビューが書き換えられます

10・カテゴリーコンボボックスも変更します
  リスト値の下 動的ボタン を押す

11・レコードセットからのオプションでR2(カテゴリーテーブル)
  値=categoryID ラベル=categoryとし、
   同等値の選択 右のボタンからcategoryIDを選択します 

12・コードビューが書き換えられます

13・displayのチェックボックスをバインドさせます
  プロパティの動的ボタンを押しダイアログを表示させます
  チェック項目右のボタンを押しdisplayを選択します

14・同等値の選択で ”Y" と入力しOKをクリック

15・EventID とtimeを挿入します
   この2つのデータは自動入力なので書き換えはできません
   しかしデータを更新する際EventIDは必要なのでフォーム領域内に入れておきます

16・上部フォームタブ > 非表示フィールド(左から3番目)をクリック
  プロパティ 値 右ボタン>動的データダイアログからEventIDを選択する

17・非表示フィールドが左上にできた

18・右「アプリケーション」>サーバービヘイビア> + >レコードの更新をクリック

19・レコードの更新ダイアログが開きます
   値送信元=form1 接続 テーブル=eventを選択
  EventIDはForm.hiddinfield(非表示フィールド) 値=整数を選択

20・更新後の移動先はイベントリストとします

21・Step3で作ったイベントリストの変更ボタンのリンク先をデータ更新ページにします
  パラメータボタンを押しダイアログを表示します

22・パラメータダイアログの名前をEventIDとし値は右のボタンを押しEventIDを選択します 

23・パラメータダイアログが下のようになります

これで更新ページの作成が出来ました